2015年12月18日

(税抜き)ワンコイン知識


聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS) -
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS) -

ファミマでこんなのを買った。
こういう、ナントカ入門とかっていう、ざっくりまとめた知識本が好きなわたし。

理由はまえにもどこかで書いた気がするけど。
ちゃんとした本を読みこなせるあたまじゃないから、そういうのは読むのにものすっごい時間がかかる。
いつまでも読み終えなければ、なんにもわかんないまま。
なにもわかってない、っていうのは、じぶんが「なにをわかってないか」もわからない。

たとえば、キリスト教について知識を持とうとおもっても、なにから読めばいいのかわかんないし、いきなり聖書読んでわかるのかもわかんないし、だいたいどれぐらいの範囲が「基礎知識」なのかもわかんない。

だから、こういうものすごいおおまかなまとめ本で、そのことの全体像をなんとなく把握する。
その中で、じぶんがキョーミ持ったところからいろいろ細かく調べていけばいいよねー、ってかんがえてる。

このムック読んで、まずわたしが知ったことは。
「旧約聖書」と「新約聖書」のちがい。
これすらじぶんがぜんぜんわかってなかったことを知った。(ちょっとじぶんに呆れた)

わたし、旧約聖書っていうのはいちばん最初に書かれた聖書で、そこにいろんな話があるのは知ってたけど(「アダムとイブ」とか「ノアの箱舟」とか)、新約聖書っていうのは、そういう物語の本じゃなくてお説教本なんだとおもってた。
こーしなさい、あーしなさい、神はこうおっしゃってる、みたいな。
あとで書かれたものは宗教物語っていうより、直截的なお説教臭くなってるのかなー、っていうかんじの解釈してた。

だけど、そういう分類じゃなくて。
旧約は天地創造からキリストが生まれる直前までのことを書いてて、新約はキリストの誕生その後のお話、なんだってー。
(そんなことフツー知ってるんだけど。。。って、これ読んでる人の大半が呆れてるとおもうけど。。。。。)

まず、ここからぜんぜんじぶんの知識がおかしかったよねー。
499円のモトはこれだけでとれたよねー。(こんなに安かったから買ったのです)

この旧約と新約のちがいは、9ページ目に書いてあったから、買ってからコンビニの駐車場に停めたまま車の中でぺらぺら見てたときに早くも身についた知識。
もひとつ、買って5分以内に知った知識は。
ラピュタのモデルって、バベルの塔だったんだー、ってこと。

このムックは西洋のキリスト教にちなんだ絵画からいろいろキリスト教の解説をしてるのね。
だから、バベルの塔の絵を見て、「これ、ラピュタじゃんー」っておもって、その場でガラケーでググッたら、そうなんだって。
わたし、「バベルの塔」は知ってたけど(どんな話かも)、なんでかわたしの中では「ピサの斜塔」の聖書名だとおもってた('_')

どれだけじぶんが無知かってわかるよねー('_')

バベルの塔の話をはじめて知ったとき、神さまはすっごいケチでイジワル、っておもった記憶がある。
このムックで読み返してみたら、やっぱりおなじことおもった。
せっかく「人間」が一丸となってがんばって造ってたのに、その人間の言葉を通じなくさせてバラバラにさせる、なんて。
だから世界中で二度と一丸となれなくなった人類が戦争繰りかえすようになったんじゃないのー、って。

だとしたら、人間は神を超えたよね。
翻訳という方法でじぶんのわからない言語を理解できるようになってる。
造らせてもらえなかったバベルの塔も、宇宙エレベーターっていう名前で実現可能になってきてる。

神が人間の傲慢だと言って禁じたことを、人間は知恵で覆す。
これも「ニンゲンのゴーマン」なのかなー。

技術の革新は「神」を否定していくもの?
(神さまはそれを怖れてバベルの塔を造らせなかったんでしょ?)

でも人間は宇宙に行って、地球にないものを見たとき、たぶんだけど、「神」の存在を意識するような気もする。
『コンタクト』っていう映画も、宇宙の出来事はなんか宗教チックな描かれ方してたよねー。

コンタクト 特別版 [DVD] -
コンタクト 特別版 [DVD] -

なんてこといろいろ考えて、「宇宙エレベーターは現代のバベルの塔だねー」っておもったから、それでまたググってみたら、こんなの見つけた。
https://books.google.co.jp/books?isbn=4274068455

これ、難しいけど読むとおもしろいー。
人間は「建造物」でなく「知能」を高めることで「神の域」に近づこうとしてるねー。

っていうことを、このムック買ってから一時間ぐらいで、書かれてることからいろいろかんがえが膨らんだ。
思いついたことや気になるキーワードからいろいろ調べていくの、おもしろい。

マリアさまの受胎の話も。
いま、こんな体験した女性がいたら、相談サイトとかで相談しそうだよね。

「婚約中ですが、えっちしてないのにいきなり妊娠してました。婚約者の子ではありません。どうしたらいいでしょうか」

「えっちしてないのに妊娠なんてあり得ない。この質問はネタ」とか、これでいろいろ叩かれたあと。

「じぶんの子じゃなくてもいい、って婚約者のカレが結婚してくれました」

で、いきなり質問を締めて。
そのあと、ツイッターで「【拡散希望】すみません。旅行中に息子が迷子になってしまいました。探してください」とかツイートして、「子どもを迷子にさせる親は虐待とおなじ」とか叩かれそう。

いまの時代に「神の子」が誕生したら、ツイッターでいろいろ毎日ありがたいツイートして、毎日大量のリツイートとふぁぼされて、その後に出版化、って流れになるねー。

@kami_no_koのコトバ
「迷ったときはじぶんを否定しないで、イエス、と言いなさい」
「喉が渇いたら飲み物を求めなさい。そうすれば尿意に襲われる。探しなさい。そうすればトイレは見つかる。戸を叩きなさい。"入ってます"と言われたらその戸は開かない」

SNSと宗教の誕生、とかっていうのを研究してる人はいないのかなー。


長くなっちゃったから、分けて書く。
(眠くなったせいもあるー)

ほんとはキリスト教のこと書きたかったわけじゃなくて、こういう本を買う意味とかいろいろ書きたかったの。
じゃあのー。




★後日追記★

つづきはこれー。
http://hima3kan.seesaa.net/article/431361520.html




pg151218a.png



posted by みかみか at 05:38| オーランド ☁| 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする